FC2ブログ

感動したくない

特技
09 /14 2016
男子高校生の話は、実にバカバカしい
ゲームの話とか、くだらない事しか話さない。
何の生産性もないまま、最寄り駅に着き、
「うわぁ!!」Σ(゚□゚(゚□゚*)
とか言いながら慌てて降りていく。

それにくらべ、女子高生の話はなかなか興味深い
「うち、絶対感動もんとか、見たないねん」
「なんでなん?」
「え?感動したないし」
「どういうこと?」
「え?マジ、むちゃ感動すんねんやん。うち」
「マジで?」
「ホンマホンマ!ハンパないねんって!!すごいねん」
「へ~」
「まじ、イヤや。感動したない!ホンマに感動したない。
せやし(そうだから)、絶対感動するヤツ見いひんねん!」

会話聞いてる時は「なんでや!そんなんやから、最近の若者は、あかんのや!」
と、定番の昔魂(むかしだましい)が、エンジン始動!ブルンブルン
いや、ちょっと待て、自分。
そういえば自分も「動物」とか「死」に関する映画とか苦手やったやん。
なんでわざわざこっちから感動しに行かんとアカンねんって思ってた。

若いころは、生きてるだけで毎日が新しいことだらけ
いちいち心や頭が揺さぶられ、刺激ももうたくさんなくらい押し寄せる。
現実に起こる感動なんて「もうたくさん!」やった。

「最近の~」と思っている自分は、なんも偉くなくて
ただ、上手にあの頃を過ごせてきたってっこと。
だから少し、懐かしいだけ。
若さも素敵、今の自分もこれまた素敵

感動は、したくなくてもしてしまうものやから。
しかし、終始<しれっ>っとしてた相方は、何やったんやろ。
そっちの方が気になるぅ~



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

momoiro55

五感を大切にした一人遊びが大好きです。
仕事も母親も一段落したからこその、ふとした日常の一コマを、いまさらながらの切り口で感じたままにつづります。